英語が苦手な「帰国子女」【日本人学校の生徒の悩み】

仕事と哲学

英語が苦手な「帰国子女」について

 

こんにちは!こかちゃんです。

さっそくですが、みなさんに質問です。

もし、「海外に何年も住んだことがあるのに英語が出来ない」という帰国子女に出会ったら、あなたはどのような印象を抱くでしょうか?

 

「そんなことありえない!」

「出来ないといっても、どうせかなり出来るんでしょ、、」

「さぼってきたのかな、、?」

 

このように思ってしまうのも分かります。

帰国子女、という言葉を聞くと、やはり英語が出来る人というイメージになるでしょう。

 

しかーし!

 

実はみなさんが想像している以上に、英語が得意ではない帰国子女は世の中にたくさんいます。

もしかしたら、本当は帰国子女なのに、あまり英語が得意ではないため、あなたに伝えていない、という人も身近にいるかもしれません。

 

今回の記事では、このような、実はあまり英語が得意ではない「帰国子女」に注目をしてみたいと思います。

いったいどのようなバックグラウンドを持っていて、どんな事情があるのでしょうか?

帰国子女の種類

現在のグローバル社会では、国を超えた人の移動はますます活発になり、日本人が仕事で海外に住むこと、または外国の方が日本に住むことは何ら珍し事ではなくなりました。

それにともなって帰国子女の数も増えています。

しかし、日本では今だに「帰国子女」という人達に対して固定観念を持っている人が多いように感じます。

この1つの要因として、テレビや漫画などで「帰国子女」が登場した際、勝手なイメージが植え付けられることが多いことが挙げられます。

例えば、「金髪で、美人/イケメンで、英語が話せて、他の人と違う雰囲気を醸し出している」、というようなものです(笑)

でも、一つ言わせてください。

テレビに出るような人は、将来の俳優の卵だったり、女優だったりするケースが多いですよね。

または、何かの芸に秀でているとか。

 

そりゃあイケメンだったり、美女だったりするのは普通でしょ!!

 

決して「帰国子女だから」、ではないのです。

 

帰国子女にも色んな種類の人がいて、それぞれが全然違う人生を歩んでいる、という事を知って頂きたいです。

帰国子女はみんながみんなテレビや漫画に出てくるようにキラキラしていることはありません。

また、英語が出来るとも限りません。

 

では、帰国子女には実際どのようなタイプの人間がいるのでしょうか?

以下の3つのケースをみてみましょう。

ケース①現地校(インターナショナルスクール)に通っていた帰国子女

こちらのケースは、様々なタイプの帰国子女の中で、わりと日本人が抱きがちな帰国子女のイメージに近い人が多いかもれません。(※当然全員にあてはまるわけではありません)

なぜなら、このような帰国子女は、住んでいる国の文化や風習、そして世界基準の価値観に自然と染まっているからです。

後ほども説明がありますが、「日本人学校」に通う生徒であれば、日本の学校の教育制度に基づいて教育が行われるため、海外に住んでいたとしても日本の子供達と考え方、振舞いなどが大きく異なる、という事はそんなにありません。

一方、インターナショナルスクールは簡単に言えば、主に「外国語で授業を行う外国人のための学校」というのが一般的な定義となっています。

通っている生徒は現地の学生のみならず、世界各国から様々なバックグラウンドを持った子供達が集まっています。

当然、授業は英語で行われ、友達との会話も英語になります。

たとえ家では日本人の両親と日本語を使用していたとしても、現地校に通っている生徒たちは日々、日本人学校に通っている生徒が経験出来ない刺激を受け、違った感性や考え方を学んでいます。

逆に、日本人学校に通う子供達が当たり前のように自然に学ぶことを、現地校に通う生徒は学ぶことができないかもしれない、ということも考えられます。

どちらが、良い、悪い、という話ではなく、それぞれが一長一短、様々な特徴を持っています。

 

そして英語力に関して、彼らは英語がレべチで上手です。

英語が日本語と同じくらい話せるか、むしろ日本語よりも話せたりする人が多いです。

学費が高かったりと、色々と考えなければならない問題もありますが、インターナショナルスクールに通うことの一番のメリットは、「英語は確実に出来るようになる」ということではないかと思います。

ケース②海外にいる期間は長いけど、日本人学校に所属していた

このケースは、海外にいるけど日本人学校だった、というパターンです。

これがこの記事を書いている私のパターンです。

「日本人学校」って何?という方のために簡単に説明します。

Wikipedia先生によると、

“日本人学校は、日本国外に居住する日本人子女が「日本国内の小・中学校と同等の教育を受けられるようにした教育機関(いわゆる学校)」で、文科省が通常課程と呼ぶ「平日の毎日6時間程度の授業」を行う全日制の学校となる。”

との説明があります。

つまり、「海外にある日本の小学校/中学校」というイメージです。

日本の小学校や中学校で使われている教科書と同じものを使い、日本語で教育を行っているため、日本での教育とほとんど違いはありません。

また、ほとんどの生徒は日本人の両親を持つ日本人です。

クラスに1人か2人ほどの割合で、両親の1人が現地の人、いわゆるハーフの子がいるかな、という感じです。(※こちらも国によって異なります)

したがって、友達との会話は当然日本語を使用します。家に帰っても、日本語です。

日本の学校生活との違いがあるとすれば、給食がなかったり、英会話の授業が少し日本よりも充実している、などがあげられます。

 

このため、英語力に関しては、現地校に通っている帰国子女と比べれるとやはり出来ない人は多いです。(比べる意味はあまりありませんが、、)

それでも、日本人学校で資格試験(英検など)が開催されている影響もあり、積極的に英語を勉強している生徒は日本と比べると圧倒的に多いです。

※補習校との違い
補習校は、在外日本人の児童・生徒が週末や平日の放課後に通って日本語を学習する学校は補習授業校(略称 補習校)のことを指します。

 

まとめると、日本人学校に通う生徒の英語力は、

日本の小学生/中学生 <<<<<<< 日本人学校 の生徒<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<< インターナショナルスクールに通う生徒

というイメージです。

ケース③幼少期または小学校低学年まで海外にいたが、それ以降は日本に帰国

こちらは、帰国子女ではあるものの、ずっと昔に海外に暮らしていた、というケースです。

例えば、2歳から7歳までドイツに在住した、という感じです。

小学校低学年まで海外にいた人は、自分が海外で生活をしていた、という実感があまりありません。

「確かに記憶はあるっちゃあるけど、はっきりは覚えていないな~」という状況です。

このような人達の中には、あまり自らのことを「帰国子女」と認識したくない、または認識してほしくない、と思っている人がいます。

なぜなら、このような人達がそこまで英語が得意でない場合、日本で「帰国子女」と認識されてしまうと周りの人達に対処するのが面倒になったりするからです。

なかには、幼少期に英語の耳が鍛えられ、そのまま英語力を維持し、英語は得意です!という人もいると思います。

しかし、そうでない人もいることを知って頂きたいです。

ケース③の帰国子女が、さっぱりとわりきって、

「帰国子女だけど全然英語話せないんですよ~!(笑)」

と言えるようになったら問題ないのですが、若いうちはコンプレックスに感じてしまう人がいるのも事実です。

 

いかがでしょうか。

たった3つのケースしか紹介しておりませんが、それぞれのケースで全くバックグラウンドが異なる帰国子女をみることができたと思います。

当然今回紹介できていないケースの帰国子女は他にもたくさんいます。

一口に帰国子女と言っても、千差万別、色んなタイプの人がいるのです。

日本人学校に6年間在籍した私の場合

実は、このブログを書いている私自身も複数の日本人学校に在籍した経験があります。

メーカーに勤める父親の海外赴任にあわせて、というかたちです。

『私の日本人学校在籍期間』
インドネシア/ ジャカルタ日本人学校:1年間在籍
マレーシア/ クアラルンプール日本人学校:3年半在籍
インド/ ニューデリー日本人学校:1年半在籍
      

 

そして私自身、海外生活が長かったのにもかかわらず、英語があまり出来ない自分にコンプレックスを抱えていました。

中学校卒業までは日本人学校に所属し、高校進学のタイミングで日本に帰国しました。

高校でクラスの人たちと話す時に、「あれ、君どこ中学校出身?」という話になりますよね。

私はいつもその会話が嫌いでした。

なぜなら、私が海外にいた話をすると必ず、「うおお!すげえ!英語ペラペラ??」という展開になり、何か話してよ!という雰囲気になるからです。

それ以降、自分から海外に住んでいた経験は友達にするのはやめよう、と決めました。

 

しかし、いつも何となく自分の経歴を隠すように生活をするのが嫌でした。

英語は全然嫌いじゃありませんでした。むしろ好きでした。

しかし、全然できるというレベルではありませんした。

 

そして、大学進学を考え始める時に、

もっと英語を磨いて、自分に自信を持てるようになりたい!!

と考え、英語に力を入れている国際系の大学を目指すことにしました。

1年間の猛勉強を経て、私は秋田県にある「国際教養大学」に合格することができました。

心から嬉しかったです。

大学では4年間英語で授業を受け、1年間の留学も経験し、大学を卒業する頃には英語力はかなり上がっていました。(TOEIC 955点、英検1級)

今では、以前よりも自分に自信を持つことができるようになりました。

 

しかし、落ち着いて振り返ってみると、何で自分はあんなに英語に固執していたのだろうか、と思うときもあります。

帰国子女であっても、帰国子女でなかったとしても、自分の得意な事、好きな事で将来活躍出来たり、生きていければ、何でも良いんじゃないか、と。

でも、やはり若さゆえに視野が狭く、英語を伸ばすことでしか自分を認めてあげられない自分がいたんですね。(私の場合、結果的にはそれが原動力になり、よかったのですが)

最後に

今回の記事は以上です!

いかがだったでしょうか?

もし自分は英語が出来ない、、と悩んでいる帰国子女のみなさんがいたら、

「そんなに英語にこだわらなくても良いんだよ!」ということをお伝えしたいと思います。

数学が得意で、将来は研究者になりたい、というのであればなれば良いと思います。

社会が好きで、社会の教師になりたい、というのも全然良いと思います。

自分の得意な事、好きな事に目を向けて、自分を受け入れてあげることが重要です。

 

そして、帰国子女でない方は、将来「日本人学校出身の帰国子女」に出会った際は、みんながみんな英語が得意であるわけではない、ということをご理解いただき、温かく接して頂けるとうれしいです(笑)

 

今後も、私の日本人学校時代のお話は「仕事と哲学」というカテゴリー内に投稿してゆこうと考えています!

 

それではみなさん、

ごきげんよう~ ( ´∀` )

コメント

タイトルとURLをコピーしました